« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/29

【鉄道】東北新幹線 全線運転再開

 4月29日(金・祝)、東京駅に2つの光景が戻ってきました。

 1つは乗客で混み合うコンコース
110429_20
                      (2011.04.29 東北新幹線 東京駅コンコース)

 もう一つは、「新青森」「秋田」の行き先表示です。
110429_03
   (2011.04.29 5125Bはやて・こまち125号 新青森・秋田行 東京駅発車案内)

 そして、東北新幹線全線運転再開のきょうから、被災地の復興を願って、
主に東北新幹線で運用される車両にステッカーが貼られることになりました。

 新青森方がこちら。
110429_08
                   (2011.04.29 5100Bはやて・こまち100号 東京行)

 東京方が、こちらのステッカーです。
110429_04
                   (2011.04.29 5100Bはやて・こまち100号 東京行)

 まだ一部の編成にしか貼られていませんでしたが、徐々に増えていくのでしょう。

 さらに「つなげよう、日本。」のポスターも「全線運転再開バージョン」に。
110429_15
                      (2011.04.29 東北新幹線 東京駅コンコース)

 「はやぶさ」バージョンも登場しています。
110429_17
                      (2011.04.29 東北新幹線 東京駅コンコース)

 つなげられた鉄路が東北の復興の力となることを、心から祈ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/25

【鉄道】東北新幹線 仙台まで開通

 4月25日(月)、大震災発生以来45日ぶりに東北新幹線の福島-仙台が復旧。
東京と仙台を結ぶ大動脈が復活しました。

 けさは、この新幹線開通に関連する仕事があり、
一番列車の発車はテレビを通して見ることができたのですが、
その後、やはり自分の目でも見ておきたくて、東京駅に出向いてみました。

 45日ぶりに東京駅に戻ってきた「仙台」の文字です。
110425_04

110425_05
                      (2011.04.25 東北新幹線 東京駅発車案内)

 営業上は仙台までの開通ですが、その先の利府にある車両基地、
新幹線総合車両センターまでレールがつながったことで、
運用できる車両数が増加し、運転本数も増やすことができたようですが、
それでも変則運用は続いていて、定期列車では見掛けない、
「E2+E3」の「仙台はやて」もいました。
110425_08
                   (2011.04.25 5129Bはやて129号仙台行(東京))

 「こまち」車両のなのに「はやて 仙台行」です。
110425_06

110425_07
                   (2011.04.25 5129Bはやて129号仙台行(東京))

 そして例の「つなげよう、日本。」ポスターには3度目の修正が。
110425_10
                           (2011.04.25 東北新幹線 東京駅)

 ただ残念なことに、この後、福島県内で停電事故が発生。
断続的に運転見合わせとなり、ダイヤが大幅に乱れてしまいました。
迅速な復旧には敬意を表しますが、安全第一での安定輸送の確保を
いま一度、お願いしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/23

【鉄道】再び「100%」に

 4月11日付け「【鉄道】東日本大震災と九州新幹線」で
初乗りを見送っていた九州新幹線ですが、
3月27日の名古屋市営地下鉄桜通線延伸開業と絡めて、
ついに3月26日に完乗に出向くことができました。遅ればせながらのご報告です。

■九州新幹線 博多-新八代 151.3km
110326_06
            (2011.03.26 553Aさくら553号鹿児島中央行発車案内(博多))

110326_10
               (2011.03.26 553Aさくら553号鹿児島中央行サボ(熊本))

110326_16
              (2011.03.26 553Aさくら553号鹿児島中央行(鹿児島中央))

■名古屋市営地下鉄桜通線 野並-徳重 4.2km
110327_04
               (2011.03.27 名古屋市地下鉄桜通線徳重行サボ(徳重))

110327_06
                  (2011.03.27 名古屋市地下鉄桜通線 徳重駅駅舎)

110327_12
                           (2011.03.27 徳重延長開業ポスター)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/20

【鉄道】「つなげよう、日本。」その後

 先日ご紹介した「つなげよう、日本」ポスターですが、
東北新幹線の最後まで残る不通区間、
仙台〜一ノ関が4月30日(土)に運転再開できる見込みになったことで、
字句がシールで修正されていました。

110420_01_2
                          (2011.04.20 JR中央線 武蔵境駅にて)

 実はこの部分のコピー、元々は

  「4月下旬までに、東北新幹線 全線運転再開。

と印刷されて掲出されました。

 しかしその後の余震で被害が拡大。「4月下旬まで」という目標が危うくなりました。
そこでシールで、

  「一日も早く、東北新幹線 全線運転再開へ。

と修正されました。それがこのほど、写真でご覧いただいたように、

  「4月30日(土)頃、東北新幹線 全線運転再開予定。

へと三度、修正されたわけです。これ以上、悪い方向に修正されることなく、
30日(土)の全線運転再開を迎えられることを心から祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/18

【鉄道】東北新幹線 福島行

 4月18日、東北新幹線の復旧予定が更新されました。
7日にいったんは運転を再開したものの、
その日の夜の余震で再び不通になっていた一ノ関-盛岡が23日に、
さらに福島-仙台が25日、仙台-一ノ関が30日ごろの運転再開予定。
いずれもこれまでの発表より1~数日繰り上がり、
5月へずれ込むのではないかとも見られていた全線運転再開が、
4月中に実現する見通しとなりました。

 東京駅場面では、18日時点で、那須塩原での折り返し運転を経て、
12日から「なすの」が那須塩原行と郡山行、「やまびこ」が福島行、
「つばさ」が山形行と新庄行で運転されています。

110418_12
                  (2011.04.18 東北新幹線発車案内(東京))

110418_06
              (2011.04.18 9461Bやまびこ461号福島行(東京))

110418_07

110418_10
        (2011.04.18 9461Bやまびこ461号福島行発車案内(東京))

110418_04
           (2011.04.18 9461Bやまびこ461号福島行サボ(東京))

 行き先表示に「福島」の文字を見るとは…
改めて、新幹線不通という事態の重みを感じました。

 それでも、地震から1か月半で全線運転再開にこぎ着けるとは、
JR東日本のいざというときの力を感じます。

 実は、JR東日本の鉄道輸送への力の注ぎ方に若干の疑問を抱いてきました。
国鉄時代なら、懸命の迂回運転などでなんとか輸送を確保しようとする場面でも、
JR東日本はいとも簡単に「運休」を決めてしまう…と。

 今回の大震災でも、地震発生当日の首都圏輸送で、
早々に「全線終日運転見合わせ」を決めただけでなく、
駅を閉鎖して利用客を「追い出した」として、大きな批判を浴びました。
 一部大手私鉄が、深夜までかかって運転再開にこぎ着け、
線区によっては終夜運転で輸送を確保したことも、対応の差を際立たせました。

 しかし、甚大な被害を受けた在来線も含めて、
清野 智社長が「廃止はしない。復旧させる」と明言。
さらに盛岡貨物ターミナルや郡山貨物ターミナルへの
石油輸送列車運転への協力など、
久しぶりに「輸送確保に全力を挙げる鉄道人の底力」を見た気がしました。

 最後に、東京駅新幹線ホームへの階段に掲出されていた、
東京駅のオリジナルポスターをご紹介します。

110418_11_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/14

【鉄道】「つなげよう、日本。」

 最近、都内の駅や車内吊りで見かけるポスターです。

110412_01_2
                          (2011.04.14 JR中央線 東中野駅にて)

 ぜひ、どうか一刻も早く、東北へ鉄路をつないでください。心よりお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/11

【鉄道】東日本大震災と九州新幹線

 はじめに、東日本大震災でお亡くなりになった方々、
被害に遭われた方々に、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

 地震から1か月がたちました。あの日、3月11日は金曜日。
私は翌日に迫った九州新幹線開業を心待ちにし、
仕事を終えた後、寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」で西へ向かい、
朝、岡山で「みずほ」の初列車「みずほ601号」を捕まえて、
九州新幹線・博多-新八代の初乗りをする計画を立てていました。

110311_02

110311_01_4

110312_01

 「みずほ」の向かう先、鹿児島には、
数年前まで前勤務地の仙台で一緒に仕事をした同僚がいます。
そこで午後2時半すぎに電話を掛け、
「あすは鹿児島中央まで乗る予定なので、時間があれば会いましょうか」
などと話をしていました。その最中の午後2時46分、

 「あれっ?緊急地震速報が出たみたいなので、電話を切るね」

 それからわずか数時間で、世の中のあらゆる風景が変わってしまいました。

 職場では緊急体制に入り、その日の夜から朝に掛けて
徹宵で対応に当たることになりました。

 九州新幹線は、すべての開業記念行事の中止が決まりましたが、
運転に影響はなく、予定通り開業することになったようです。
私?行けるはずがありません。

 ちなみにこの日の「サンライズ」は運休。
乗車券・特急券とも、無手数料払い戻しとなりました。
そして3月12日24時をもって「博多-新八代 151.3km」が未乗区間となり、
私の「日本の鉄道(JR・私鉄含む)完乗率」も
「100.0%」から「99.5%」になってしまったのでした。

 鉄道全線完乗を果たしてから、
「1日たりとも完乗率100%を下回りたくない」と
万難を排して開業初日に乗るようがんばってきましたが、
実は3年ほど前にも、1か月ほど完乗記録が途切れたことがあります。

 平成20年6月14日(土)、東京地下鉄副都心線の開業日。
私は当時在住の仙台から初乗りに向かうため、
常磐線経由の特急「スーパーひたち22号」で上野へ向かっていました。
午前8時43分、富岡駅停車中に激しい揺れ…それが「岩手・宮城内陸地震」でした。
緊急業務対応のため、副都心線初乗りを断念。
運転再開を待って、いわき駅で下車。レンタカーで仙台へ戻りました。

 ところでこの地震の発生時に私のいた富岡駅ですが、
今回の地震で津波によって駅舎が流失する被害を受けています。
もし地震が入れ替わっていたら…
そう思うと、改めて今回の津波被害の恐ろしさを感じます。

 前回も今回も、地震によって中断を余儀なくされた完乗記録。
なぜ1年に数日ずつしかないような新線開業と
それ以上に頻度の少ない大地震の発生が符合するのか、不条理を感じます。
いや、もともと災害とは不条理なものですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »