« 【鉄道】常紋峠の秋を撮る ~1日目~ | トップページ | 【鉄道】中央線「快速 三鷹行」 »

2011/10/22

【鉄道】常紋峠の秋を撮る ~2日目~

 常紋2日目の10月22日は土曜日。天気もなんとか持ちそうで、
最後の秋の風景を収めようとする多くの人出が予想されました。

 北見のホテルを7時前に出発。一路「146kp」へ。

 到着してびっくり。駐車中の車が長蛇の列をなしています。

111022_001
                              (2011.10.22 常紋146kp状況)

お立ち台も大賑わいです。最終的には25人を超えるカメラマンが集結。
でも、伐採で視界が広がっているため、このぐらいの人数ではびくともしません。
みなさん、思い思いの場所にカメラを据えて、「主役」の到着を待ちます。

111022_002
                              (2011.10.22 常紋146kp状況)

8:30、いよいよ、日中走行としては唯一となってしまった8071レがやってくる時間。
麓の方から、峠をあえぎあえぎ上ってくる重々しいエンジン音が聞こえてきます。
林道の生田原方の踏切の警報音も聞こえ始めました。
このポイントでの“たまらない瞬間”です。

やがてS字の向こう側から、本務機がゆっくりゆっくり、姿を現します。
本当に、歩むように、一歩一歩、羊腸の小路を上ってきます。

111022_003
(2011.10.22 8071レ臨高速貨B北見行(生田原-常紋(信)))

111022_014
(2011.10.22 8071レ臨高速貨B北見行(生田原-常紋(信)))

111022_017
           (2011.10.22 8071レ臨高速貨B北見行(生田原-常紋(信)))

この重量感、この存在感がたまりません。
一年に一度、この瞬間に出会いたくて、やってきました。

この後、回っておきたいポイントをいくつか巡ることにします。
まず、比較的最近、立木が伐採され、視界が開けたことで知られる
通称「生田原の新伐採地」へ。
ここからはかなりの遠距離になりますが、
生田原からの峠の入り口の短いストレートを抜くことが出来ます。

111022_074
               (2011.10.22 13D特オホーツク3号網走行(生田原-常紋(信)))

続いて林道を常紋方面へ向かった先のS字ポイントへ。
踏切サイドから勾配を上る列車を押さえるのが定番ですが、
踏切の手前で、上り・下りのどちらもS字を描く様子を
見通せるポイントを見つけ、そこから狙ってみました。
まずこちらは勾配を下る上り列車向き。

111022_103
(2011.10.22 石北本線4662D遠軽行(常紋(信)-生田原))

そしてこちらは勾配を上る下り列車向きです(以下写真は後追いですが)。

111022_141
(2011.10.22 16D特オホーツク6号札幌行(常紋(信)-生田原))

振り向けば、一列車でどちらの構図も収められる
「1か所で2度おいしい」ポイントです。

そうこうするうち、雨が落ちてきました。
もし天気が持てば、8074レの金華交換をバルブしようかと思っていたのですが、
雨が激しくなってきたのでカメラは出さず、
下見として、カマの停車位置を見極めるに留めました。

さすが「石北貨物」。有効長ギリギリ、本務機が
出発信号機のATS地上子を踏むんじゃないかというところまで進んで停車。
後補機はホームからは見えない位置です。

定時通過の15D特オホーツク15号と交換後、
連結器のジョイント音とエンジン音を響かせながら、
雨の峠道へと発車していきました。

あすは実質的な最終日。でも天気は「雨」の予報。
ついていませんね。日頃の行ないの問題でしょうか…。

|

« 【鉄道】常紋峠の秋を撮る ~1日目~ | トップページ | 【鉄道】中央線「快速 三鷹行」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78010/53090401

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄道】常紋峠の秋を撮る ~2日目~:

« 【鉄道】常紋峠の秋を撮る ~1日目~ | トップページ | 【鉄道】中央線「快速 三鷹行」 »